会長 石嶋勝比古

秋田県高等学校PTA連合会
会長 石嶋勝比古

秋田県高等学校PTA連合会へアクセスいただき、誠にありがとうございます。

全国高等学校PTA連合会に加盟する50団体のうちHP(ホームページ)を持たない連合会はわずか6団体で、本連合会もその一つでありました。令和2年7月2~3日に開催予定の第69回東北地区高等学校PTA連合会「秋田大会」に向けた取り組みの一環として、この度「秋田県高P連WEBサイト(HP)」を開設できましたことを会員の皆様と共にお喜びいたします。

HPに関しては、これまで必要性に迫られなかったことから導入を見送っておりましたが、この開設を機に情報発信のツールとして、またアーカイブ(重要記録の保存・活用に加え、未来に伝達するもの)としても有効に活用されることを期待しております。

現在、東北地区高P連「秋田大会」実行委員会として秋田市内の高校を中心に中央地区各校が準備を進めておりますが、東北地区の皆さんを真心込めてお迎えできるように県北や県南地区においても本県開催の認識を高めていただき、それぞれの立場で最大限のご協力をお願いいたします。

さて、元号が平成から令和に移り、東京オリンピックが開催されるなど新たな時代の幕開けで大きな変革を感じますが、国を挙げての少子化対策により高校生を取り巻く環境も大きく変わろうとしています。中でも最も危惧されるのが、令和4年に“成人年齢”が18歳へ引き下げられることから、知識不足等によるトラブルや各種被害が高校生に及ぶことです。

これまで高校生は大人への入り口として社会に適応するための準備期間と捉えることも出来ましたが、これからは責任ある大人の一員として対等に向き合うことが求められます。私たちは、“子どもが一人の人間として成人を迎え、社会で自立しうるための支援者として何をしなければならないのか”を問いながら行動しなければなりません。

次の時代を担う高校生がその時世に即した適応能力を身につけ、社会を力強く牽引してくれることを願いつつ、PTA活動を通して高校生を取り巻く環境をサポートしてまいりましょう。